ED薬の比較サイト

ED治療薬を徹底比較!!

ED治療薬の臨床データを文献をもとに比較してみた

ED治療薬にも種類があり、それぞれに特徴があります。
現在、日本国内では、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類が販売されています。

ED治療薬の臨床データの文献をもとに、3つのED治療薬を比較してみようと思います。
様々な観点からED治療薬を見ていきましょう。

EDの改善率で比べてみた

EDの改善率
EDの改善率

総合的に見て、改善率が高いのはレビトラでした。
バイアグラは、25mgの改善率が低くなっています。
シアリスに関しては、改善率が70%未満でした。

服用から効果が発現するまでの時間を比べてみた

 
服用から効果が発現するまでの時間
ED治療薬の服用から効果が発現するまでの時間

臨床データによると、レビトラとシアリスが30分で効果を発揮するようです。
バイアグラは最長で60分もかかるようです。

臨床試験の中で、レビトラは最短で10分から15分で効果を発揮したとされています。

効果の持続時間を比べてみた

  
効果の持続時間
ED治療薬の効果の持続時間

やはり効果の持続時間が長いのはシアリスです。
最大36時間も持続するようです。

最も持続時間が短いのはバイアグラとなりました。
レビトラは人によってばらつきが出るようです。

副作用を比べてみた

EDの副作用

上記に挙げた副作用は主な副作用です。

それぞれ、ED治療薬が発売された後に行われた使用成績調査では以下のようになっています。

バイアグラ

総症例 3152例中 166例 5.3%
ほてり 100例 3.2%
頭痛 34例 1.1%
動悸 13例 0.4%

レビトラ

総症例 3118例中 78例 2.5%
ほてり 39例 1.25%
頭痛 14例 0.45%
動悸 12例 0.38%
鼻閉 9例 0.29%

シアリス

総症例 1635例中 56例 3.4%
頭痛 22例 1.3%
ほてり 16例 1.0%
潮紅 9例 1.6%

症状の数は多いですが、レビトラが副作用の発現リスクが少ないようです。

食事による影響を比べてみた

食事

それぞれの添付文書から食事による影響を比べてみました。

バイアグラ

レビトラ

シアリス


食事に関係なく使用できるのはシアリスだけでした。
バイアグラは食事の影響を受けやすいです。

ED治療薬の併用禁忌薬と併用注意薬

併用禁忌薬と併用注意薬

併用禁忌薬や併用注意薬が一番少ないのはシアリスです。
ED治療薬は全て硝酸剤との併用が禁忌になっていました。

併用注意の中には、薬の用量によって制限がかかっているものもあります。

データから見るED治療薬の特徴

特徴

様々なデータを見た結果、それぞれのED治療薬には特徴があることが分かりました。
ここからは、簡単にデータから見るED治療薬の特徴を解説していきます。

バイアグラの特徴

バイアグラは安定して勃起を維持することができます。
食事の影響を受けやすいのがデメリットですが、ED改善率も70%以上あります。

持続時間も4時間ほどあるので、性行為を行うには十分かと思います。

レビトラの特徴

レビトラは効果の発現時間が速い特徴があります。
個人差はありますが、臨床結果からは30分と言われています。

食事に多少の制限がありますが、基本的には問題ありません。
副作用は少ないですが、併用禁忌薬や併用注意薬が多いデメリットがあります。

ED改善率も86%と高くなっています。

シアリスの特徴

シアリスは効果の持続時間が最長となっています。
併用禁忌薬や併用注意薬が少なく、疾患を持っている人でも使いやすくなっています。

また、食事の影響を受けません。
シアリスの副作用の発現リスクも少なく、症状も少なくなっています。

一番人気のED治療薬は?

  一番人気

一番人気のED治療薬はシアリスです。
シアリスは、世界でもNO,1のシェア率を誇る薬です。

効果の持続時間も長く、副作用が少ないことから一番人気なのかと推測されます。
また、使用制限が少ないので、多くの人が使うことができることも理由の一つかと思います。

続く人気順はバイアグラです。
これは圧倒的な知名度からかと思います。

残念ながら最下位となってしまったのは、レビトラです。
これにはレビトラの一時供給停止が関係しているのではないかと推測されます。

レビトラはたびたび供給が停止しています。
日本では2019年より供給が停止されているので、手に入りにくいため、シェア率も下がってしまうのかと思われます。

通販で購入できるED治療薬とジェネリック

通販では、バイアグラ・レビトラ・シアリス全てのED治療薬が購入可能です。
それ以外にも、通販ではこれら3つのED治療薬のジェネリックも販売されています。

海外では、ED治療薬の普及が早かったため、ジェネリックも多く製造されています。
特に、ジェネリック大国と呼ばれるインドのジェネリックが大半を占めています。

バイアグラとジェネリック

バイアグラ

バイアグラにはジェネリックが数多く存在します。
実は、バイアグラジェネリックは日本でも処方されています。

国産のジェネリックは7種類ほどあります。
しかし、通販サイトで海外のジェネリックを見てみると7種類を超えてたくさんあります。

特に有名なジェネリックは、カマグラゴールドです。
実際に商品名での知名度も高い商品です。

レビトラとジェネリック

レビトラ

レビトラは日本国内ではジェネリックが存在しません。
これは、日本での特許が切れていないことが理由です。

レビトラは一時供給停止によって売り切れになっていることが多くなっています。
しかし、海外であればジェネリックで応用することができます。

レビトラのジェネリックには、バリフという有名なジェネリックがあります。
価格が非常に安いため、人気の高い商品です。

シアリスとジェネリック

シアリス

シアリスは2019年から国産のジェネリックが販売されています。
しかし、まだまだ国産ジェネリックの数は少ないです。
通販を見てみると、シアリスのジェネリックはかなりの種類があります。

中でもタダシップがかなり人気のようです。
パッケージには、シアリスの愛称でもあるウィークエンドピルをイメージした絵が描かれています。

日本で処方されていないED治療薬

日本ではバイアグラ・レビトラ・シアリスの3つが処方されています。
しかし、海外に目を向けてみると、他にもED治療薬があるのです。

実際にどのようなものがあるのかを紹介します。

ステンドラ

ステンドラ

ステンドラはアバナフィルを有効成分に含むED治療薬です。
2014年にヨーロッパで販売が開始されました。

効果の発現時間はレビトラと同等といわれています。
食事の栄養を受けず、効果は3時間から6時間ほど持続すると言われています。

ザイデナ

シアリス

ザイデナはウデナフィルを有効成分に含むED治療薬です。
アジアで製造されたED治療薬で、世界的に見て体格の小柄なアジア人に向けて作られています。

ザイデナはバイアグラ・レビトラ・シアリスの効果を兼ね備えています。
効果の発現時間が速いだけでなく、11時間から13時間ほど効果が持続します。

ED治療薬は通販で安く購入できる

通販

ED治療薬は通販を利用することで安く購入できます。
理由としては、薬代だけで済むということがあります。

実際にどれくらい安くなるのでしょうか?
また、通販とはどのようなものなのでしょうか?

ここからは、クリニックとの比較と、通販のメリットについて解説していきます。

通販の価格とクリニック処方の価格を比べてみた

まず、通販の価格とクリニック処方の価格を比べてみます。

バイアグラ 50mg

通販の相場:1錠 1,350円
クリニックの相場:1錠 1,500円

レビトラ 20mg

通販の相場:1錠 1,682円
クリニックの相場:1錠 2,000円

シアリス 20mg

通販の相場:1錠 1,575円
クリニックの相場:1錠 2,000円

それぞれの価格を比較してみましたが、やはり通販の方が安くなっています。
特にシアリスは約500円も通販の方が安かったです。

ED治療薬を通販するメリット

通販するメリット

ED治療薬を通販するにはいくつかのメリットがあります。

価格は、クリニックと比較した結果、通販の方が安いことが分かっています。
特に通販は薬代だけで済むので、診察費もかかりません。

人にバレないというのは、クリニックに行く必要がないためです。
クリニックに行くと時間と手間がかかりますが、通販であればネット注文で5分ほどで済みます。

ジェネリックも選択肢に入れるとなると、通販ではED治療薬の種類が豊富です。
日本では販売されていないものを購入することもできます。

ED治療薬の通販が向いてる人

ED治療薬の通販が向いている人がいます。

ED治療薬は用法や用量を正しく守ることで効果を発揮します。
一度クリニックで処方された方は、ED治療薬の使い方を学んでいることかと思います。

また、クリニックで処方されたということは、ED治療薬を使うことができるということです。
通販のED治療薬は、説明書なども英語になります。
そのため、使い方を知っている人であれば、問題なく使うことができます。

海外の医薬品やジェネリックに対して抵抗がないという人は通販が向いています。
医薬品は直接体内に入るものなので、海外製品が不安という方は、やめておきましょう。

国内の通販サイトではED治療薬は購入出来ない

購入出来ない

通販でED治療薬は購入できると言っていますが、国内の通販サイトでは購入できません。
これには理由があります。

ED治療薬だけでなく、処方せんが必要な医薬品の通販は個人輸入となります。
国内の大手通販サイトを覗いてみても、ED治療薬は取り扱われていません。

ED治療薬を通販する場合は、個人輸入代行サイトを利用して下さい。
個人輸入代行サイトであれば、ED治療薬が取り扱われています。

ED治療薬の通販は個人輸入になる

個人輸入

ED治療薬の通販は個人輸入となります。
これは、薬機法に基づいて認められています。

海外の製品を直接自分で購入するというものです。
ED治療薬の通販=個人輸入と覚えておきましょう。

といっても、個人輸入だからといって特別なことはありません。
一般的なネット通販と同じような方法で購入することが可能です。

個人輸入と通販の違い

個人輸入と国内の通販の違いについて説明します。
大まかな説明をすると、発送の違いです。

個人輸入は、海外の製品を海外から直接発送してもらいます。
国内の通販の場合は、国内に在庫を持ち、国内から発送してもらいます。

海外から発送されたものが直接自分の手に届く場合が個人輸入になります。
海外発送なので、税関を通る必要もあります。

国内の通販のようにすぐには届きません
個人輸入と国内の通販の違いはこのような点です。

通販やジェネリックに抵抗があるならクリニックがオススメ

個人輸入が怪しい、ジェネリックに抵抗があるという人はクリニック処方がオススメです。

個人輸入の通販では、海外の商品が届きます。
そのため、表記が全て外国語で読めないということもあります。
また、ジェネリックが安すぎて疑うという人もいるかと思います。

クリニックであれば、医師の診察の元、ED治療薬を処方してくれるので安心感があります。
抵抗がある人はクリニックに行くようにして下さい。

初めてED治療薬を使う場合はクリニックへ

クリニック

初めてED治療薬を使う場合はクリニックに行くことをオススメします。
クリニックでは、医師が診察を行ってくれます。

では、クリニックではどのようなメリットがあるのでしょうか?

クリニックでED治療薬を処方してもらうメリット

クリニックでED治療薬を処方してもらうメリットは以下の通りです。

ED治療薬は医薬品なので、用法や用量に決まりがあります。
初めての場合は、医師や薬剤医師に教えてもらいましょう。

また、医薬品には副作用や併用禁忌薬などがあります。
普段から薬を飲んでいる、持病がある人はED治療薬が使えない可能性もあります。
こういった場合も、医師が判断してくれます。

総合的に見てクリニックでは医師がいるという安心感があります。
また、医薬品も日本で製造されているので、安心感が高くなるかと思います。

クリニック処方が向いてる人

ED治療薬のクリニック処方が向いている人がいます。

薬を常用している人や持病がある人は、クリニックが向いています。
これは飲み合わせや持病による使用制限などを判断してもらうことができるからです。
飲み合わせや使用制限を破ってしまうと、身体に異変が起こる可能性もあるためです。

医薬品は国産のものがいいという人もクリニック処方が向いています。
また、何よりも医薬品に対しての安心感が欲しい人はクリニックに行くようにして下さい。

ED治療薬の購入は自分の都合に合わせて

ED治療薬の購入は自分の都合に合わせて選択して下さい。

どのED治療薬を使うのか?
通販で購入するのか?
クリニックで処方してもらうのか?

自分の都合に合わせるようにしましょう。

また、ED治療薬の特徴を生かして、それぞれを使い分けるのもいいかと思います。
とにかく価格を安く抑えたいといい人は通販がオススメです

ED治療薬は正しく使うことで非常に便利です。
上手く活用してみて下さい。

TOP